マンションを売却する際は信頼できる業者に託すべき

中古マンションを購入する

レディ

購入の一般的な流れ

長岡京市で人気なのが、格安な中古マンションです。築年数が経過した中古マンションは古いですが、リフォームをすれば自分好みの住まいになります。そのため、長岡京市では格安に中古マンションを購入して好きなようにカスタマイズするのが人気です。長岡京市でも人気がある中古マンションはすぐに売り切れます。不動産関係のチラシやサイトを見て良さそうな中古マンションを見つけたら、早めに不動産会社に問い合わせをして見学予約をするのがお勧めです。中古マンションを見学するときは、リフォーム工事がどのくらいの規模になるのかをチェックすることが大切です。キッチン、トイレ、バスルームなどの水回りを中心に、リフォーム必須の箇所を確認していきます。見学をして問題がないようなら、不動産会社に買付証拠金を支払い、購入したいという意思を示します。買付証拠金は10万円程度が一般的で、中古マンション購入の頭金の一部に補填されます。その後価格についてや、引き渡し時期についての交渉を重ね、納得のいく条件にまとまったら重要事項説明書を作成してもらいます。売買契約では重要事項説明書の内容をしっかり確認し、不備があるようなら追加で記載してもらい、納得したら署名と捺印をします。長岡京市に限らず、不動産会社を仲介して中古マンションを購入すると、仲介手数料が発生します。仲介手数料は不動産会社に支払う手数料で、だいたい中古マンションの価格の3%くらいになります。