マンションを売却する際は信頼できる業者に託すべき

地域性を理解した家選び

積み木

神奈川最大の自治体

横浜という名前でイメージされるのは高層ビルの建ち並ぶ近代的な街並みです。ベイエリアと呼ばれる海に面した地域は商業地として開発され、観光施設やオフィスビルといった法人向けの不動産が集中しています。しかし歴史上、いち早く西洋文化を取り入れ日本文化と融合させてきた横浜は多様な顔を持つ街です。神奈川県の自治体の中で横浜市は最大の面積を占めており、同じ市内であっても不動産部県には地域ごとの特色があるのです。個人が住居用の不動産を探す際に、重要になる点が周辺環境です。駅から徒歩圏内であれば便利ですが、家賃は高くなる傾向にあります。横浜市中心部では住宅密集地も多く、土地に余裕がないため自家用車を所有するのであれば別途駐車場を借りることになるかもしれません。しかし生活に密着した商店街が身近にあれば日常的な買い物に困ることはないのです。なにより都内への通勤時間を短くできるのがメリットです。一方、郊外に向かえば不動産価格は下がる傾向にあります。内陸部には畑や雑木林が残されている地域もあり、住宅一区画に対する土地面積にも余裕が生まれます。そのため一戸建て住宅が目立つようになっています。中心部から離れているとはいえ、鉄道、バス網の発達している横浜では移動に不便を感じることはあまりないでしょう。複数の公共交通機関を利用すれば、都内まで通勤することができます。混雑時の利用を避けるなど工夫をして快適に通勤しましょう。